/

関電大飯原発9月に稼働停止 定期検査、規制委に報告書

関西電力は1日、国内で唯一稼働中の大飯原子力発電所(福井県)の2基のうち3号機を9月2日に停止し定期検査に入るとした報告書を原子力規制委員会に出した。9月15日には同4号機も止める。これにより9月には昨年7月以来約1年2カ月ぶりに国内で稼働する原発がゼロになる。

原発は法律で定期的な検査が義務づけられ、通常は数カ月間で終わる。ただ大飯原発は敷地内に活断層が存在する可能性が指摘されており、現時点で再稼働のメドは立っていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン