/

この記事は会員限定です

日本経済、踊り場局面に 中国変調でブレーキ

個人消費も陰り

[有料会員限定]

景気が踊り場局面に入った。海外経済の減速で輸出が鈍り、補助金などの政策効果が支えてきた個人消費にも陰りがみられる。細る内需を、中国を中心とする外需の持ち直しで補う景気回復シナリオの視界はかすみつつある。日中関係の悪化が景気を下押しする懸念も強まるなか、再び勢いを取り戻せるか。日本経済の底力が試される。

機械部品製造のトピー工業。8月時点で2013年3月期の連結純利益を45%増と見込んでいたが、9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン