中国「自衛隊機が侵入」 異常接近で声明

2014/5/25付
保存
共有
印刷
その他

【北京=島田学】中国国防省は25日、「自衛隊機が中国の防空識別圏に侵入し、中ロ合同軍事演習への偵察や妨害をした」とする声明を発表した。「自衛隊機が(事前に通告した)演習空域に侵入し、危険な行動をとった」と批判。中国軍機は中国の防空識別圏に入った自衛隊機に緊急発進(スクランブル)で対応したという。

中国軍のSU27戦闘機(防衛省提供)

中国国防省は日本側に「一切の偵察と妨害活動をやめる」よう求め、緊急に抗議したとしている。

中ロ両軍は20~26日に上海沖の東シナ海で軍事演習をしている。当初は沖縄県・尖閣諸島の北西海域で検討したとされ、もともと日本をけん制する目的が濃い。軍事演習の開会式に中ロ両首脳がそろって出席したことも中国軍の現場を勢いづけたとみられる。

中国は最近、経済分野を中心に対日姿勢を軟化させつつあった。中国外務省筋は「中国軍の行動は正当な権利」としつつ「軍の現場が暴走し、日中関係の雰囲気を壊すことも懸念する」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]