/

この記事は会員限定です

父・大平元首相、「早く嫁に」父親論が波紋(森田芳子氏)

女が語る政治の家

[有料会員限定]

  1951年、大蔵省に勤めていた大平正芳氏は池田勇人蔵相の秘書官に。その後、池田氏の勧めで退官、52年の衆院選に自由党から出馬し、初当選した。

父は池田さんにとって心のよりどころというか、精神安定剤だったんでしょうね。「大平はどこにいる」が口癖のような感じでした。父も池田家に出入りしていないと落ち着かない様子でした。私たちも池田家に時々お呼ばれしていました。

同じ池田蔵相の秘書官だった宮沢(喜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン