高まる改憲論議 手続き緩和の是非 礒崎陽輔氏と長谷部恭男氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2013/4/28 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 安倍晋三首相が憲法改正に意欲を示すなど夏の参院選に向け、改憲論議が盛んだ。目下の争点は96条が衆参両院の3分の2以上と規定する改正のための国会発議のハードルを過半数に下げるかどうか。自民党が昨年発表した憲法改正草案のまとめ役をした礒崎陽輔首相補佐官と憲法学者の長谷部恭男東大教授に論じてもらった。

■「判断を国民に委ねる」 礒崎陽輔・首相補佐官

――憲法改正を改正手続きの緩和から始めようという進め方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

改憲を読み解く

今回のテーマは日本のものづくり


電子版トップ



[PR]