2019年2月24日(日)

橋下大阪市長「消費増税なら総選挙が必要」

2012/6/22付
保存
共有
印刷
その他

大阪市の橋下徹市長は22日、野田佳彦首相が消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案の成立を目指していることについて「税は安全保障に並ぶ政治の重大な問題。方針変更するなら国民に信を問うてからやるべきだ。選挙を今やったらいい」と述べ、衆院解散・総選挙が必要との考えを示した。市役所で記者団に語った。

消費増税に反対する民主党の小沢一郎元代表との連携の可能性に関しては「選挙とか国政については一切考えていませんから分かりません」と述べるにとどめた。

橋下市長は、2009年の衆院選の選挙公約(マニフェスト)に消費増税が盛り込まれていなかったことを「党内手続きは踏んでいるかもしれないが、国民との手続きは踏んでない」と批判。「国民との間での重大な手続き違反だ」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報