/

民主党議員団が訪中 元外相らと会談

【北京=島田学】中国を訪問している民主党の中川正春、細野豪志、渡辺周各衆院議員は21日、北京で中国の唐家璇・元外相や劉建超外務次官補らと相次いで会談した。中川氏によると、中国側は安倍晋三首相の靖国神社参拝を批判したうえで「神社への参拝自体ではなく、首相が(神社に合祀〈ごうし〉された)A級戦犯を参拝することを懸念している」と主張した。

双方は、沖縄県の尖閣諸島をめぐって不測の事態が起きないよう日中間で危機管理メカニズムが必要だとの認識で一致。今後は中国共産党の外交を担う中央対外連絡部を通じ、政党間交流を活発にしていくことで合意した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン