/

菅首相、地方からも退陣論 民主政調会長が混乱で陳謝

民主党が19日に開いた政策担当者会議で、地方組織から「今の政権で本当に統一地方選を戦えるのかいま一度考えてほしい。政治的なご決断をお願いしたい」(青森県連)と菅直人首相の退陣論が浮上した。「党が一枚岩にならなければ統一地方選に勝てない」などと小沢一郎元代表の処分を巡る党内抗争にも批判が続出した。

首相は同日の社会保障改革に関する集中検討会議で「消費税をどうするというときは必ず実行前に衆院解散・総選挙を行う。何としてもこの集中討議の中でまとめていただきたい」と述べた。解散に言及して退陣論に対抗した格好だ。

政策担当者会議で玄葉光一郎政調会長は「統一地方選を前にした時期に、悪い状態をつくってしまっていることを大変申し訳なく思っている」と陳謝した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン