/

石原知事「日本の維新の会を」 橋下氏と連携に意欲

橋下氏も歓迎「政界が活気づく」

(更新)

東京都の石原慎太郎知事は18日の記者会見で、新たな政治塾を立ち上げる構想を明らかにした。橋下徹大阪市長が代表を務める「大阪維新の会」の政治塾に関連し「東京と大阪が連携して新しい人材を政界に送り込む。全体が連携することで日本の維新の会のようなものをつくりたい」と連携に強い意欲を示した。

石原氏は「6月に具体的なメッセージを発したい」と強調。政治塾を開いた際には、橋下市長を講師として招く意向を示し「次の総選挙に間に合わなくても日本のためになるから一生懸命やる」と語った。

ただ、民主党の小沢一郎元代表との連携を模索する愛知県の大村秀章知事については「小沢さんと一緒に行動するなら、一緒に行動するつもりはない」と語った。

石原氏の発言を受け、橋下氏は「政界が活気づくし、政治の重要なポイントになる」と歓迎。連携に関しては「松井一郎大阪府知事が考えること」と述べた。一方、大村氏は「誰とではなく、政策や志によって連合軍を組む。一緒なら組めばよいし、違えば連携できないだけだ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン