/

尖閣上陸事件で逮捕の14人、全員を香港に強制送還

香港の活動家らが沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に上陸した事件で、福岡入国管理局那覇支局は17日、入管難民法違反容疑で逮捕され、沖縄県警や海上保安庁第11管区海上保安本部から身柄の引き渡しを受けた男14人全員を香港へ強制送還した。

日中関係への配慮などから、事件は発生から2日でのスピード決着となった。

身柄引き渡しを受けた同支局は同日午後、14人全員について不法上陸や不法入国の事実を認定し、退去強制令書を発付した。認定に対する異議申し立てはなかったという。これに先立ち、政府は関係閣僚会議を開き、14人全員を強制送還する方針を確認した。

14人のうち活動家ら7人は同日夜、那覇空港から民間の航空機で香港に到着した。いずれも自費による出国という。抗議船の船長や船員ら残りの7人はいったん海保の飛行機で船が停泊している沖縄県石垣市に身柄を移された後、抗議船で出港した。

一方、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が島根県の竹島(韓国名・独島)を訪問した問題で、政府は17日、国際司法裁判所への訴訟手続きに入る方針を決めた。韓国外交通商省報道官は17日、共同付託に応じない考えを表明。「韓国の固有の領土であり、領土紛争自体が存在しない」と主張した。政府は単独でも提訴する方針。ただ韓国が裁判の開廷を拒否すれば、紛争解決手続きは動き出さない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン