鳩山元首相「日中間の係争認めるべき」 中国訪問で

2013/1/16付
共有
保存
印刷
その他

 中国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は16日、北京で賈慶林・全国政治協商会議主席や楊潔●(ち)外相と相次いで会談した。鳩山氏は沖縄県の尖閣諸島を巡る問題で「日中間に係争があることを認め合うことが大事だ」と表明。領土問題は存在しないとする政府方針を修正した上で尖閣問題を当面棚上げすべきだとの持論を展開した。

 賈氏は胡錦濤・前総書記の下で党内序列4位だった最高指導部の一人。鳩山氏は17日には「南京大虐殺記念館」を訪問する。日本の元首相が同記念館を訪問するのは、海部俊樹、村山富市・両元首相に続き3人目。(中国総局)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

鳩山由紀夫元首相胡錦濤海部俊樹

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
10:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報