日朝協議再開、透ける正恩氏の戦術 日本軟化期待か

2012/8/14 20:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=内山清行】権力継承を終えた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は体制を安定させるため周辺国との関係改善を急いでいる。先に北京で開いた赤十字会談で北朝鮮側は日本側が意表を突かれるほど積極的だったという。まずは日本政府とパイプをつくり、日本の対北朝鮮政策の軟化を期待する戦術とみられる。

日朝関係筋によると「北朝鮮は9月に小泉純一郎元首相の訪朝から10年を迎える日本の対北朝鮮世論が一段…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]