/

アジア太平洋の安保強化を確認 日豪外相会談

【シドニー=柳迫勇人】オーストラリアを訪問中の岸田文雄外相は13日、当地でカー豪外相と会談した。アジア太平洋地域の安全保障を強化するため米国を加えた3カ国で連携する方針を確認した。北朝鮮の弾道ミサイル発射に対しては国連で「断固たる措置」を取る考えで一致した。日豪経済連携協定(EPA)交渉の早期妥結をめざすことでも合意した。

豪州は今年から2年間、国連安保理の非常任理事国を務める。岸田外相は尖閣諸島問題を巡る日本の立場をカー外相に説明し「信頼関係を構築することができた」と記者会見で述べた。

一方、カー外相は安倍政権が旧日本軍の従軍慰安婦の強制連行を事実上認めた「河野談話」の見直しを検討していることは「望ましくない」との見解を会見で示した。

岸田外相はエマーソン豪貿易相とも別途、会談。貿易相は豪州が交渉に参加している環太平洋経済連携協定(TPP)について日本と協力して取り組む方針を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン