2019年7月19日(金)

波立つ国境、日中韓ロそれぞれの事情 高原明生氏と古川浩司氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2012/9/16 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

周辺国との領土紛争はなぜこんなにこじれてしまったのか。竹島(島根県)や尖閣諸島(沖縄県)を巡る摩擦は一段と激しさを増している。日本政府はどう対処すべきか。中国の政治情勢に詳しい東京大学の高原明生教授、国境問題を研究する中京大学の古川浩司教授に論じてもらった。

■「中国政府も世論読めず」 高原明生・東大教授

――領土を巡り中国など周辺国とのあつれきが激しくなったのはなぜでしょうか。

「中国は国力伸長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

周辺国との摩擦をめぐる動きを深読み


電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。