尖閣「日中が共にコントロール」 中国、領有権巡り自信

2014/5/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国国家海洋局が近く発売する「中国海洋発展報告2014」で、尖閣諸島の周辺海域について「事実上、日中両国が共にコントロール下に置く状況を作り出せた」との認識を示していることがわかった。フィリピンと領有権を争う南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)に関しても「すでに実効支配を実現できた」と強調。領有権を巡る現状変更への自信を示した。

報告書は「海洋の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]