日清食品、タイで低価格麺 味の素は東南ア売上高倍増へ

2013/8/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=高橋徹】日清食品ホールディングスは8月、タイで即席袋麺市場に参入する。価格が高めのカップ麺を販売してきたが、現地の普及価格帯の商品を発売する。味の素は普及価格の調味料やコーヒーの販売拡大で2020年までに東南アジアでの消費者向け食品の売上高を2倍にする。日本の大手食品メーカーが中間所得層に的を絞った価格の商品で東南ア市場を攻略する。

日清食品はバンコク北部のパトゥムタニ県に38億円を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]