/

この記事は会員限定です

高速バス、便数2割減 新制度で事業者の7割撤退

[有料会員限定]

格安で支持を集めてきた高速バスの運行本数が8月以降、2割程度減る見通しになった。国土交通省の新制度に伴い、旅行会社が企画して貸し切りバス会社が運行してきたツアーバスが7月末で廃止になったためだ。ツアーバスの運行に関わってきた事業者の7割近くは乗り合いバスへの移行を断念した。

新制度は旅行会社に道路運送法に基づく乗り合いバスの事業許可を取らせ、国への運行管理の申請や運転手の健康管理に加え、1台300...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン