/

シャープ、有機ELパネル鮮明に 解像度が液晶比2倍の新技術

シャープが有機ELパネルを鮮明に見せる独自技術の実用化にめどを付けた。液晶画面向けに開発した半導体技術を応用する。応答速度が速い有機ELは、液晶に続く次世代パネルの新技術として注目される。液晶で培った技術を有機ELに活用し、次世代パネルで技術優位の確立を目指す。

独自の半導体技術は、酸化物半導体「IGZO(イグゾー)」を活用した高精細化技術。従来の液晶に比べ2倍の解像度が可能とされる。同技術を初めて使った液晶パネルを今春から量産化し、タブレット端末向けに供給を始めた。米アップルが発売した新型「iPad」向けとみられる。このほどスマートフォン向け液晶パネルの量産化にもめどを付けた。

シャープではIGZO技術が液晶パネルだけでなく、有機ELパネルにも応用できると判断。これまで技術研究を続けてきた。今後は有機ELパネルの量産化技術の開発を進め、将来の事業化の可能性を探る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン