2019年9月20日(金)

ソニー、MD対応ステレオの出荷を終了 3月メド

2013/1/31付
保存
共有
印刷
その他

ソニーは31日、ミニディスク(MD)の録音再生に対応したシステムステレオの出荷を3月をメドに終了すると発表した。2011年9月に「MDウォークマン」の出荷を終えており、発売から約20年でソニー製のすべてのMDプレーヤーの出荷が終了することになる。内蔵メモリーを使う音楽プレーヤーへのシフトで需要が見込めないと判断した。

出荷を終了するのは「CMT-M35WM」。記録メディアとしてのMDの販売は「今後数年間は続ける」(同社)としている。MD対応製品の修理など顧客サービスも継続する。

ソニーが開発したMDはCDの約半分の大きさの光ディスクで、持ち運びに便利なのが特長。同社は1992年にMDの録音再生に対応するウォークマンを発売。約2200万台のMDウォークマンのほか、国内でおよそ500万台のMD対応システムステレオを販売した。MD対応製品は、現時点でオンキヨーなどが出荷を続けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。