ホンダ、「フィットEV」のリース販売を開始 2年で200台目指す

2012/8/31付
保存
共有
印刷
その他

ホンダは31日、電気自動車(EV)「フィットEV」のリース販売を始めたと発表した。1回の充電で最大225キロメートル走行できる。自治体や企業を対象に2年間で約200台のリース販売を目指す。一般向けには販売しない。

容量20キロワット時の東芝製リチウムイオン電池を床下に搭載した。減速時のエネルギーを効率的に回収するシステムを開発。電力量消費率を1キロメートルあたり106ワット時に抑え、世界最高の効率を達成したという。充電時間は200ボルト電源で約6時間、急速充電で約20分。

当面はリース販売に絞り、使用状況などに関するデータを集める。6年間のリースで補助金などを加味すると1カ月あたり約5万5000円という。日産自動車や三菱自動車がEV販売に力を入れる中、ホンダは当面、リース販売にとどめて慎重に事業化に取り組む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]