/

ソフトバンク、雑誌や新聞を電子配信 iPadなど対象

ソフトバンクは31日、米アップルの多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」などに雑誌や新聞のコンテンツを配信するサービスを始めると発表した。講談社や小学館、毎日新聞社など13社と連携し、月額数百円の手ごろな料金で、31種類の媒体の記事を閲覧できるようにする。

サービスは子会社ビューン(東京・港)を通じて6月1日に始める。講談社の「FRIDAY」や小学館の「女性セブン」「CanCam」、朝日新聞出版の「AERA」といった雑誌のほか、毎日新聞特別編集版、日本テレビ放送網の映像ニュースなどを配信する。

雑誌と新聞は全記事の5割以上を配信する。雑誌は発売日当日から主要な記事を段階的に公開。新聞は夕刊と朝刊の先取り記事を流す。高機能携帯電話「iPhone」やソフトバンクの携帯電話にも記事を配信する。

料金はiPadの場合で30日間450円など。料金から配信手数料を差し引き、残りをコンテンツ提供会社に分配する。ビューンは今後、広告の配信や雑誌単体の販売なども検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン