気候変え地球を冷やす ジオエンジニアリングに脚光
編集委員 吉川和輝

(1/2ページ)
2010/6/4付
保存
共有
印刷
その他

ジオエンジニアリング(地球工学)という言葉をよく聞くようになった。地球の気温を下げるために、人工的に雲を増やしたり、空に微粒子をまいたり、宇宙に太陽光を反射する鏡を置いたりするといった各種の気候改変の技術を指す。二酸化炭素(CO2)の排出削減がなかなか進まない中で浮上した応急手段だが、副作用を心配する声が早くも出ている。

海水中の塩分をスプレー状にして大気にまいて雲を増やす船の想像図。英米の研究者が提案している。

海水中の塩分をスプレー状にして大気にまいて雲を増やす船の想像図。英米の研究者が提案している。

英国学士院は昨秋、ジオエンジニアリングについて包括的に検討した報告書を発表した。英議会下院の科学技術委員会も今年、同技術の規制・統治に関する報告書をまとめた。また、米有力シンクタンクの外交問題評議会(CFR)や米科学振興協会(AAAS)も、ジオエンジニアリングをテーマにした専門家会合を開いている。

英国学士院の報告書では、入射光を減らすための手段として「建物などの外側を白く塗る」「砂漠に反射板を設置する」「海や雲の反射率を高める」「微粒子を成層圏に散布する」「宇宙に太陽光を反射する鏡を置く」などを挙げている。実現に向けては、国際的な検討の場を設けて、効果的な手段を絞り込むことと、効果やコスト、リスクを評価することが必要としている。

ジオエンジニアリングの効果は自然界である程度実証済みとも言える。大規模な火山噴火は地球の温度を下げる。硫酸エーロゾルなど微粒子が成層圏中を長期間漂い、入射光を減らす。1991年のフィリピン・ピナツボ火山の噴火の時は、地球の平均気温が最大で0.4度下がったとされる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]