2019年1月22日(火)

富士重、系列部品のイチタンを完全子会社化

2010/3/31付
保存
共有
印刷
その他

富士重工業は、ジャスダック上場で51%出資する部品メーカーのイチタン(群馬県太田市)を完全子会社化する。株式交換で8月中にイチタンの全株を取得する見通し。イチタンは7月28日付で上場廃止になる。イチタンは富士重のエンジン部品の主要調達先。債務超過に陥っており完全子会社化で実質的に救済する。

イチタン株1に対して富士重株0.17を割り当てる。富士重は同社が保有する金庫株を交換に充てる。

イチタンはクランクシャフトやCVT(無段変速機)向けの鍛造部品を生産、販売する。富士重は金額ベースで約5割の鍛造部品をイチタンから調達している。2009年3月期の連結売上高は98億円。金融危機前の投資負担が重く09年3月期に2800万円の債務超過に陥っていた。今期も債務超過で上場維持が困難になったことから富士重が救済する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報