東京ガス、豪州の石炭層ガス田開発事業に参画

2010/3/31付
共有
保存
印刷
その他

 東京ガスは31日、オーストラリアで石炭層にある天然ガス「コール・ベッド・メタン(CBM)」から液化天然ガス(LNG)を生産する事業に参画すると発表した。30億円前後を投じて権益の1.25%を取得。2015年から20年間、同社のLNG輸入量の11%に相当する年間120万トンを調達する。

 英BGグループがクイーンズランド州で手掛ける「クイーンズランド・カーティスLNGプロジェクト」に参画する。CBMからLNGを生産するのは世界初で、総事業費は数千億円。LNG生産量は年間800万トン。

 CBMは石炭層に存在する天然ガスで、シェールガスなどと並ぶ非在来型ガス。在来型に比べ、多くの井戸を掘る必要があるなど手間がかかるが、埋蔵量が豊富で今後開発が進むとみられる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報