2019年2月17日(日)

JFEとIHI、傘下造船10月統合 建造量世界7位
コスト減で中韓勢に対抗

2012/1/30付
保存
共有
印刷
その他

JFEホールディングス傘下で今治造船に次ぐ国内造船2位のユニバーサル造船と、IHI子会社で同7位のアイ・エイチ・アイマリンユナイテッド(IHIMU)は30日、10月に経営統合すると発表した。統合後の規模は建造量で国内2位、世界では7位となる。長引く円高などで中国・韓国勢に大きく差をつけられており、コスト削減などを通じて巻き返す。

JFEとIHIが傘下の造船会社を経営統合すると発表した(30日)

JFEとIHIが傘下の造船会社を経営統合すると発表した(30日)

ユニバーサル造船を存続会社とする合併で、持ち株比率はJFEホールディングスとIHIがそれぞれ45.93%。ユニバーサル造船の少数株主である日立造船が残りを保有する。現時点では両社の事業所や工場の統廃合は考えておらず、製造船種を工場ごとに整理して効率を高める。新会社の社長にはユニバーサル造船の三島慎次郎社長が、会長にはIHIMUの蔵原成実社長が就く。

三島社長は統合効果について「設計者が大幅に増え、市場が求める省エネ船を素早く開発できる」と説明。中国・韓国勢との競争の切り札になるとの期待をのぞかせた。

両社は2008年4月に経営統合の検討入りを発表。同年秋のリーマン・ショックによる受注急減や、昨年から続く1ドル=70円台の円高などで統合後の事業環境の予測が難しくなったことから、統合交渉に時間がかかっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報