任天堂、2期連続の営業赤字 新機種伸び悩む

2013/1/30付
保存
共有
印刷
その他

任天堂は30日、2013年3月期の連結営業損益が200億円の赤字(前期は373億円の赤字)になりそうだと発表した。従来は200億円の黒字を見込んでいたが一転、2期連続の営業赤字となる。新型の家庭用ゲーム機「Wii U」の販売が年明け以降に伸び悩み、3月までの販売計画を従来より150万台少ない400万台に下方修正した。海外で携帯型ゲーム機やソフトの販売も伸び悩んだ。

売上高は前期比3%増の6700億円と、従来予想を1400億円下回る。昨年11~12月に日米欧で発売したWii Uは本体に加え、対応ソフトの販売計画も1600万本と800万本少なくした。岩田聡社長は「開発遅れで今年序盤に投入予定だったソフトの発売が延期となり、シナリオが崩れた」と分析した。

携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」は国内は好調だったが海外が振るわず、本体の販売計画を250万台減の1500万台、ソフトを2000万本減の5000万本に下方修正した。

円安による為替差益で最終損益は140億円の黒字(前期は432億円の赤字)に改善する見通し。従来予想は60億円の黒字だった。想定為替レートは1ドル=80円から90円に、1ユーロ=100円から120円に見直した。

岩田社長は「来期はニンテンドー3DSで自社開発の有力タイトルを10本前後出す」と表明。1000億円以上の営業黒字を目指す考えを示した。同日発表した12年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比2%減の5430億円、最終損益が145億円の黒字(前年同期は483億円の赤字)だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]