2018年1月19日(金)

協和発酵キリン、白血病の治療薬の製販承認取得

2012/3/30付
保存
共有
印刷
その他

 協和発酵キリンは30日、血液のがんの一種である成人T細胞白血病(ATL)の治療薬「ポテリジオ」の製造販売承認を厚生労働省から取得したと発表した。体内の免疫反応などで効果を発揮する抗体医薬品。独自技術で抗体の活性を強めた世界初の医薬品となる。

 ATLは原因ウイルスが主に母乳を通じて母子感染する血液がん。国内の年間発症数は約1150と推定されている。ポテリジオは標的となる細胞を効率的に攻撃して効果を発揮するという。

 ポテリジオが患者ごとに有効性が高いかどうかを判断するための診断薬についても協和キリン子会社の協和メデックス(東京・中央)が製造販売承認を取得した。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ポテリジオ協和発酵キリンATL協和メデックス



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報