新日鉄住金、独大手の米工場買収を提案へ JFEなどと争奪戦

2013/1/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新日鉄住金が欧州アルセロール・ミタルと共同で独鉄鋼大手ティッセン・クルップの米鋼板工場の買収を提案する見通しとなった。買収額は1300億円程度に達する見込み。旧新日本製鉄時代を含め最大の案件になる可能性がある。JFEスチールなどが名乗りをあげるなか、かつてない攻めに動いたのはなぜか。

「鉄鋼業の環境は厳しい。ティッセン・クルップが米国とブラジルで計1兆円かけた製鉄所設備の売却を進めている」。今月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]