/

天満屋、広島八丁堀店閉店を発表 3月初旬

天満屋(中国地方を地盤とする百貨店、岡山市、伊原木隆太社長)は30日、広島市中心部の広島八丁堀店を来年3月初旬に閉店すると正式発表した。他の百貨店などとの競争激化で採算が悪化していた。6階から地下1階までを賃貸する。テナントはヤマダ電機が有力とみられる。都市型店舗「LABI(ラビ)」を4月以降に開業する見通しだ。

八丁堀店の7~11階の書店やレストランなどは営業を続ける。従業員125人は希望を聞いて広島県内の他店舗へ配置転換する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン