/

この記事は会員限定です

イオン、中国・銀聯と提携 1万店でカード利用可能に

11年中に 訪日客に的

[有料会員限定]

イオングループは中国の銀行カードを運営する中国銀聯(ぎんれん)と提携する。「銀聯カード」で買い物の決済ができる加盟店を国内で開拓、イオングループの店舗などを中心に2011年中に1万店を確保し、銀聯カードを持つ訪日中国人などに利用してもらう。国内外の銀聯加盟店で使える提携クレジットカードも発行する計画だ。

銀聯カードの取り扱いでは三井住友カードが先行してきたが、大手小売りの進出で中国人需要の取り込み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン