/

この記事は会員限定です

商品の環境イメージ、印象付けの強さがカギに

日経エコロジー編集部 相馬 隆宏

[有料会員限定]

家電エコポイント制度エコカー補助金制度などの効果もあって、環境配慮商品に対する消費者の関心は高まっている。

日経エコロジーはいわゆる「一般消費者」ではなく、商品が環境に配慮しているかどうかを意識して実際に購入している「エコ消費者」に絞って、メーカー別の商品の環境イメージなどを調査した。その結果、環境性能をいかに効果的に訴求するかで、エコ消費者へのイメージに差が出ることがわかった。

調査は3月5~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン