マイクロソフト、高速起動OS無料配布
米ITベンチャーと組む

2010/11/30付
保存
共有
印刷
その他

米IT(情報技術)ベンチャーのスプラッシュトップ(カリフォルニア州)は30日、米マイクロソフト(MS)と組み、高速で起動できるOS(基本ソフト)の無料ダウンロード(取り込み)を始めたと発表した。MSは「ウィンドウズOSの起動が遅い」と利用者から指摘されており、ITベンチャーと連携しパソコンの高速起動を実現する。

新OSはMSの検索エンジン「ビング」を搭載。ウィンドウズを代替するのではなく共存し、ウィンドウズ用ソフトを使う際はそのための環境に切り替えるという。

利用者はスプラッシュ社のサイトで新OSを無料で取り込んで使う。パソコンの電源ボタンを押して数秒で起動。検索画面が登場し、閲覧ソフトを開かずにウェブサイトを検索したり、メールを送受信したりできる。

MSは高速起動を売り物に、近く搭載パソコンが登場するとみられるグーグルのパソコン用OS「クロームOS」の機先を制する。検索事業でグーグルに差をつけられており、検索事業での巻き返しも狙う。

(シリコンバレー=岡田信行)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]