/

東燃ゼネラル石油、東電に自家発電の余剰分を売電

東燃ゼネラル石油は30日、川崎工場(川崎市)の自家発電設備をフル稼働させ、余剰電力の東京電力への売電を始めたことを明らかにした。通常は操業状況に合わせ1万~1万5000キロワットを発電するが、最大で4万キロワットに引き上げ、特定規模電気事業者(PPS)を介して東電に供給する。東電管内の電力供給不足に対応する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません