/

松坂屋銀座店、88年の歴史にひとまず幕 最終日7万人が来店

(更新)
建て替えのため、松坂屋銀座店が88年の歴史にひとまず幕。最終日の30日は7万3000人が来店した(東京・銀座)=共同

東京・銀座初の百貨店、松坂屋銀座店は建て替えのため、30日の営業終了をもって閉店、88年の歴史にひとまず幕を閉じる。周辺と一体で再開発し、新たな商業施設の営業再開は2017年の予定。最終日には7万3000人が来店し、閉店セールは大盛況のまま幕を閉じた。

開店前には約1000人が並んだ。午前10時開店の予定だったが、15分前倒しして営業を始めた。

同店は4月から始めた閉店セールが大盛況。6月の売上高は、前年同月比5倍に達したもよう。「セールには何度か来ていたが、最終日なので朝一番に訪れた」(東京都江東区在住の70代男性)。複数回来店した客も多かった。

閉店後に菊谷栄司店長ら十数人の社員が店外に並び、クラッカーを打ち上げて再開発のスタートを祝った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン