/

三菱重工、9年ぶりに大型客船起工 式典に50人出席

三菱重工業は30日、クルーズ客船世界最大手の米カーニバルから受注した大型クルーズ客船の起工式を長崎造船所(長崎市)で開いた。同社の客船建造は2004年に「ダイヤモンド・プリンセス」と「サファイア・プリンセス」を引き渡して以来、9年ぶりとなる。

起工式には大宮英明会長や契約者であるカーニバル欧州法人の関係者ら約50人が出席した。

カーニバルからは2隻を受注しており、受注総額は約1000億円とみられる。30日に起工した1番船は15年3月に引き渡す予定。12万4500総トン、約3300人乗りで、国内で建造される客船としては過去最大。船底から噴き出す泡で水の抵抗を減らす燃費改善の独自技術を、客船としては初めて取り入れる。

客船の建造には騒音抑制、ホテル並みの設備の設置といった技術が必要で、中国や韓国の造船各社には難しい。三菱重は1年1隻のペースで建造し、客船事業を収益源にしたい考え。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン