2019年6月18日(火)

エルピーダ、台湾大手「力晶」からDRAM事業取得
日台連合で韓国勢に対抗

2011/1/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パソコンなどに使われる代表的な半導体メモリーであるDRAMで世界3位のエルピーダメモリは台湾の大手メーカー、力晶半導体の同事業を取得する。力晶は自社製品の生産から撤退、エルピーダ向け生産に特化。最終的にエルピーダが力晶の最先端の主力工場を取得する方向で交渉している。世界のDRAMメーカーは最大手のサムスン電子など韓国勢と、エルピーダを軸とする日台連合に集約される再編の構図がはっきりしてきた。

エ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報