2018年11月16日(金)

鴻海トップ、30日堺工場へ シャープ出資協議山場

2012/8/29付
保存
共有
印刷
その他

台湾の経済代表団の一員として来日している鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長は30日、シャープと共同運営する大型液晶パネルの主力工場である堺工場(堺市)を訪問する。鴻海はシャープへの出資条件を巡り同社と詰めの協議を続けている。郭董事長は堺工場で記者会見し、その内容などについて説明する予定。

両社は提携関係の維持を確認した共同文書を発表する可能性がある。

シャープと鴻海は今年3月に資本業務提携で合意。鴻海は7月までに堺工場の運営会社に660億円を出資した。出資比率はシャープと同じ37.6%。郭董事長は堺工場で台湾の経済代表団の案内役を務める。

シャープ本体への出資については1株550円で取得することで合意した。来年3月までに670億円を出資し、約9.9%の株式を保有する筆頭株主になる予定だった。その後、シャープの株価が大きく下落したため、鴻海が取得価格の引き下げや出資比率の変更を求めていた。シャープは月内に結論を出したいとして、郭董事長と詰めの協議を進めている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報