/

この記事は会員限定です

中国で特許出願拡大 ソニーなど、訴訟リスク軽減

[有料会員限定]

日本企業が中国での特許出願を拡大する。ソニーの2011年の中国での出願件数は10%増の約2200件、富士通は15%増の460件に達する見通し。ホンダは中国にある5つの生産・研究拠点が現地で直接、特許出願する体制を整える。中国では現地企業が米アップルの多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の商標権を巡って販売差し止め訴訟を起こすなど、知財紛争が急増している。日本企業は知財を守る体制を固め、訴訟リス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン