/

この記事は会員限定です

藤子アニメ、インドで制作しアジア市場開拓

テレ朝など、まず「忍者ハットリくん」

[有料会員限定]

テレビ朝日と博報堂DYメディアパートナーズは今年、日本の人気アニメーション作品をインドで制作しアジア各地の放送局に提供する取り組みを始める。第1弾は25年ぶりの新作となる藤子不二雄(A)氏原作の「忍者ハットリくん」。少子化で日本のアニメ市場が低迷する中、インドの制作コストの安さを生かし、若年層の多いアジアの市場を開拓する。

テレ朝の100%子会社、シンエイ動画が印大手映像制作会社のリライアンスメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン