/

この記事は会員限定です

役員人事「2対1」のスタート 融和超え次は実力主義

新日鉄住金 最強への道(下)

[有料会員限定]

26対13。10対5。2つの数字は10月1日に発足する「新日鉄住金」の執行役員と取締役に内定した新日本製鉄、住友金属工業それぞれの出身者数だ。いずれもきれいに2対1に分かれる。

住金は時価総額が新日鉄のほぼ半分で、粗鋼生産量や連結人員数は約4割。「2対1」の比率や役員構成について鉄鋼業界では「新日鉄は今回、住金にかなり配慮した」との見方が広がっている。

10年かけ深化

「あちら(住金)は関西独特の文化もあるだろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン