/

NEC、レノボと携帯事業の統合交渉

NECが中国のレノボ・グループと携帯電話事業の統合交渉を進めていることが29日、分かった。NECの携帯電話事業は苦戦が続いており、単独での生き残りが困難と判断した。レノボとの統合が実現すれば携帯電話の国内生産を打ち切る可能性もある。

NECの携帯電話事業は同社が約7割を出資するNECカシオモバイルコミュニケーションズが担っている。従来型携帯電話は同社が埼玉県神川町で生産しており、スマートフォンは外部に委託している。

NECとレノボは2011年、個人向けパソコン事業を統合している。パソコン事業はレノボが51%、NECが49%を出資しており、NECは携帯電話でも小額ながら出資を続け事業への関与は続けたい考えだ。

NEC幹部は「国内企業を含め、他社と交渉する選択肢を捨てたわけではない」としており、別の相手が浮上する可能性も残っている。

NECの携帯電話は米アップルの「iPhone」など海外勢に押され国内シェアが急低下している。調査会社のMM総研(東京・港)によると、12年度上期は6%強にとどまり、最も高かった01年度通期の4分の1以下に落ち込んだ。

NECは携帯電話の販売代理店事業を手掛けるNECモバイリングも国内の商社系企業などへの売却を検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン