「サーフェス」日本では15日発売 マイクロソフト

2013/3/1付
保存
共有
印刷
その他

タブレット端末「サーフェス」の発売を発表する日本マイクロソフトの樋口社長(1日、東京都港区)

タブレット端末「サーフェス」の発売を発表する日本マイクロソフトの樋口社長(1日、東京都港区)

日本マイクロソフト(MS)は1日、自社製タブレット(多機能携帯端末)「サーフェス」を日本で発売すると発表した。3月15日から全国の家電量販店で販売する。価格は4万9800円から。MSが日本でタブレットを発売するのは初めて。新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」を搭載しており、「8」の普及につなげる。

発売するのは1機種で、価格は米アップルの「iPad(アイパッド)」の同等モデルよりも低く設定した。

MSは昨年10月に米国や中国などでサーフェスを発売、現在は約20カ国・地域で販売している。サーフェスは10.6型の液晶画面を搭載している。カバーの裏面にキーボードを搭載しており、ノートパソコンのように使用できる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]