任天堂、「3DS」課金対応ソフト発売へ 12年中に

2011/10/28付
保存
共有
印刷
その他

任天堂の岩田聡社長は28日の決算説明会で、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けに、課金システムに対応するソフトを2012年にも発売する考えを明らかにした。ゲーム用の追加コンテンツを後からインターネットで有料で取り込めるようにする。ネット経由のゲームが広がるなかで、ソフトの単品売りに加えて新たなサービスで市場を開拓する。

任天堂が開発したソフトだけでなく、3DS向けにゲームを提供する外部メーカー製でもサービスを予定している。11月末までに必要なシステムの整備を終える。

例えば自動車レースのゲームではもともとのソフトに盛り込まれたレースコースだけでなく、ネット経由で別のレースコースをダウンロードできるようになる。1本のソフトでより長く楽しめるようになり、ゲーム愛好家の囲い込みにつながると期待している。

新サービスは新たなソフトの買い控えにつながるリスクもあるが、ゲームソフト大手のカプコンの辻本春弘社長は「消費者はネット上で音楽ソフトなどを購入している。ゲームもソフトを売って終わりでなく、売ってからもサービスを提供して対価をもらうビジネスモデルには魅力がある」との見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]