「正義のハッカー」養成 サイバー模擬攻防、宮城に施設

(1/3ページ)
2013/6/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

サイバー攻撃が急拡大する中、官民が連携してウイルスの侵入から企業や組織を守る「正義のハッカー」の養成に乗り出した。5月28日には宮城県多賀城市に工場や発電所の制御システムを守るハッカー養成施設を開設し、全国の主要都市では400人が参加するハッカーの技術コンテストを開催、千葉でも若手を養成する合宿を実施する。「マイナンバー」制度の導入もあり、ハッカー養成が急務となりそうだ。

工場やプラントも標的

「サイバー攻撃に対抗できる技術を開発し、安心できる防御と認証の仕組みをつくる」。技術研究組合制御システムセキュリティセンターの新誠一理事長は28日の開所式で力強くあいさつした。新設されたのは、日本初のサイバー攻撃の模擬攻防施設だ。技術者は攻撃を体験することでシステムの弱点を知り、防御に生かす。

施設を開いたのは技術研究組合、制御システムセキュリティセンター(CSSC)の「東北多賀城本部」。経済産業省系の産業技術総合研究所などが中心となり日立製作所、東芝など18団体が作った組織だ。開所式には関係者約170人が参加した。1600平方メートルのフロアに約20億円を投じて、7種類の制御装置とシステムをそろえた。実際に火力発電や化学プラント、自動車製造などの工場で使う、ロボットやビルの空調・照明管理などだ。ここに対して別に設けた「レッドチームルーム」から技術者が誤作動や停止を狙うサイバー攻撃をしかける。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]