/

ニトリHD、被災地に義援金12億円

ニトリHDは、東日本大震災で被災した地域に、新たに約12億円の義援金を寄付する。このうち、5億円は創業者の似鳥昭雄社長個人からという。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が個人で10億円の寄付を発表するなど、経営者個人による巨額の義援金が相次いでいる。

約12億円の内訳は似鳥氏の5億円のほかグループ7社とその従業員から5億円、中国やベトナムなど海外の取引先約80社から約2億円。同社はすでに布団や毛布、シーツなど合計6億円相当の支援物資を被災地に送っており、支援総額は累計で約18億円となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン