「海外で働きたいと思わない」新入社員の2人に1人
産能大調査 内向き志向の一方、積極派も増加

2010/7/28付
共有
保存
印刷
その他

 新入社員の2人に1人が海外で「働きたいとは思わない」と考えていることが、産業能率大学が28日まとめた「グローバル意識調査」で分かった。2001年度の調査開始以来、最も高い比率。「どんな国・地域でも働きたい」という海外志向の強い層は3割にとどまる。企業活動のグローバル化が進むなか、若手社員の内向き志向が強まっている。

 今年度の新入社員のうち海外で「働きたいとは思わない」は49%。前回調査の07年度から13ポイント増加した。理由(複数回答)の上位は「リスクが高い」(56%)、「自分の能力に自信がない」(55%)、「海外に魅力を感じない」(44%)など。

 「どんな国・地域でも働きたい」という人は27%と前回調査より9ポイント増え、こちらも過去最高だった。「国内でやり過ごそうとする層と積極的に打って出ようとする層に二極化しており、今後は後者をめぐる企業の人材争奪戦が起きそうだ」と産能大はみている。

 調査対象は10年度に入社した大卒と高卒の新入社員。6月29~30日にインターネットで実施、400人から回答を得た。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

産業能率大学新入社員

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報