/

この記事は会員限定です

日産・住商、EV用電池を再資源化

[有料会員限定]

日産自動車と住友商事はEV(電気自動車)用電池のリサイクル事業に乗り出す。5月にも両社が共同出資する電池事業会社の資本金を倍増するのに合わせ、EVの使用済み電池を顧客から買い取って、住宅用などとして転売する。割高なEVを購入する顧客の負担を軽減する狙い。

共同出資会社はフォーアールエナジー(横浜市)で、2010年9月の設立。資本金は4億5000万円で、日産が51%、住商が49%を出資している。5月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン