ソニー平井社長の報酬2億円 12年度、業績連動賞与は返上

2013/6/27付
保存
共有
印刷
その他

ソニーは27日に提出した有価証券報告書で、平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)の2012年度の報酬が2億180万円だったと公表した。テレビなどエレクトロニクス事業の赤字が続いたことで、業績連動の賞与は返上した。

平井社長を含む執行役の業績連動報酬の返上は11年度に続いて2年連続となる。平井社長は基本報酬が1億5300万円と、ストックオプション(株式購入権)が3780万円。

平井社長自身は前年度に比べて約4700万円増加した。ただ11年度のハワード・ストリンガー前取締役会議長に比べると2億円以上少なかった。そのほか中鉢良治前副会長とニコール・セリグマン執行役の報酬が1億円を超えた。

また中鉢前副会長らへの退職金として1億1905万円の自己株を処分することも同日発表した。ソニーは05年度から株式での退職金制度を導入。今回、中鉢前副会長と木村敬治前執行役に合計5万9500株の自己株を割り当てる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]