日本水産、中国合弁への出資比率引き下げ

2013/12/27付
保存
共有
印刷
その他

日本水産は27日、中国で冷凍食品などを製造する合弁会社、山東山孚日水(山東省)への出資比率を引き下げると発表した。2014年2月に、保有する山東山孚日水の株式を合弁相手である中国の食品メーカーの山東山孚集団などに売却。出資比率を59.11%から14.89%に引き下げる。

山東山孚日水は白身魚のフライなどを生産し、主に日本水産に供給している。山東山孚集団の営業網を生かして中国国内での販売に力を入れる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]