インデックス再生法申請 粉飾の疑い、負債245億円

2013/6/27付
保存
共有
印刷
その他

ジャスダック上場でゲーム・コンテンツ製作を手掛けるインデックスは27日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。負債総額はおよそ245億円。積極的な企業買収による多角化を進めたものの、携帯ゲーム市場の成長の波に乗り遅れて過去数年に業績が悪化。支援者を募り、事業譲渡を含めた経営再建策を策定する。

同社は1995年設立で、NTTドコモの携帯電話向けコンテンツなどで急成長した。ゲーム機向けにも「ペルソナ」や「真・女神転生」といった人気作を抱える。

ただ、タカラ(現タカラトミー)の株式取得など積極的なM&A(合併・買収)が裏目に出たことに加え、近年の交流ゲームやスマートフォン向けゲームの市場成長を取り込めなかった。

今月12日には粉飾決算の疑いで証券取引等監視委員会の強制調査を受けたばかり。同社の落合正美会長と落合善美社長は民事再生手続きにめどがついた時点で辞任する意向だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]